梅津物語

 

 

 

 

 

 

梅津の酒づくり

   
 

「野花梅」に魅せられて

野花梅の産地は、二十世紀梨で有名な鳥取県湯梨浜町野花(のきょう)地区にあります。ここは目の前に広がる東郷湖のおかげで、気温の変化が穏やかで、梨・柿・びわ・そして梅と、果物がとっても美味しく育つところです。
     野花梅の実
野花梅は日本でも、この地区周辺だけで生産される珍しい品種です。完熟すると直径5〜6cm以上にもなり、厚い果肉に甘酸っぱい豊富な果汁を含み、何ともいえない良い香りを放ちます。
     野花梅の大きさ
この素晴らしい完熟の野花梅を、専用に醸造された日本酒に、2年以上じっくりと漬け込んで熟成させ、漸くこの美味しい「梅酒(梅の酒)」が出来上がります。
     野花梅の畑(梅園)
     野花梅の収穫

梅津酒造の酒造り

「梅酒」を美味しく

よく熟した野花梅には、リンゴ酸やクエン酸など多種類の有機酸が豊富に含まれており、またビタミン類もたっぷりです。また、漬け込みに用いた、米と米麹だけの日本酒の天然アミノ酸、米のエキスとアルコールがそれらを優しく包み込んでおります。
★よく冷やしてお召し上がりください。また、お燗(40〜50℃)でも美味しく召し上がれます。
時が経つほど熟成して、より美味しくなります。

※熟成が進むとオリ(沈殿物)が生じてきますが、大切な旨味の一つです。

完熟梅を
日本酒に漬け込んで…

特別に完熟させた野花梅を、「野花」のために米と米麹だけで造った日本酒に、2年以上の間漬け込んだまま熟成させました。
天然の米のエキスとアルコールが梅の酸味を優しく包んで、旨味をしっかりと引き出しています。驚くほどまろやかで、そして濃醇な味わいです。
時が経つほど熟成して、より深みが増してきます。

     梅酒造り1
     梅酒造り2
     梅酒造り3

 

 

 
   
         
 
代表銘柄   プレミアム酒

当蔵独自の、日本酒仕込みのまろやかさ
良熟梅酒「野花」

 

梅の天神様「仁」をしぼった逸品
梅の仁しぼり「花天神」

梅の酒(梅酒)「野花」野花(梅酒)小ビン

Nokyo(のきょう)

内容量/500ml、180ml
アルコール分/10〜12度
原材料/日本酒:鳥取県産米100%
    梅:野花梅
    氷砂糖:国産原料100%
  梅の仁しぼり「花天神」

Hanatenjin(はなてんじん)
完熟野花梅を当蔵独自の日本酒に2年以上の間漬け込んだ後、丸ごと種まで搾りました。
丸ごと搾ることで、種の中の天神様と呼ばれる「仁」の精が満ちています。
濃厚でありながら、ふくよかで高貴な香りと深みのある味わいがじっくりと染みわたり、ひと際上質のひと時をお楽しみいただけます。
「仁」は食べると「五福を得る」と言われるようにとても健康に良いとされ、重宝されています。

内容量/375ml
アルコール分/9〜10度
原材料/日本酒:鳥取県産米100%
    梅:野花梅
    氷砂糖:国産原料100%
 
  「野花」梅酒リーフレットPDF (ダウンロードはこちら)  
 

HOME梅津の酒造り日本酒焼 酎梅 酒果実酒用清酒会社概要酒蔵見学ページのTOP